2022.4.11

無添加味噌の作り方

こんにちは。

保育士の日比野です!

 

前回の中川さんの「無添加つながり」の続編…というわけではありませんが、今日はわが家の恒例行事の話をしたいと思います。

 

わが家の恒例行事といっても、参加するのは自分だけだったり…?もしますが、ここ5年程、自家製味噌を手作りしています。

 

今、わが家でお味噌汁などに使っているのは、去年の今頃、(半ば脅しながら)家族そろって仕込んだお味噌です。

「手前味噌」という言葉がありますが、自分で仕込んだお味噌は本当においしいんですよ♪

 

 

(画像はお借りしています)

 

たった5キロの味噌を仕込むのに、わが家にあるお鍋3つを使って柔らかくなるまでコトコトと豆を煮てつぶし、塩と麹を混ぜて仕込みます。

今年は初めて「豆麴」というものを混ぜてお味噌を仕込みました。

作業は単純、煮て、つぶして混ぜるだけ。

 

水分を含んで大きくなった大豆

柔らかくなった豆をつぶします

米麹、豆麹、塩を混ぜます

ホーローの容器の中に、お団子状にしたものを投げつけて?空気を抜きながら仕込んでいきます。

そしてあとはひたすら待つだけです。

環境によってはカビが生えたりしますが、気づいたら取り除いてあげれば大丈夫!

漆喰のお家なら、人間にとって害のある菌やウイルスはやっつけてくれる代わりに、納豆菌や乳酸菌、ビフィズス菌など有益な働きをする腸内細菌は育ててくれるという、お味噌づくりにはとても適した環境になります。

 

自家製味噌は、無添加で身体に悪いものを使っていないという安心感もあるし、なんといってもおいしい!

無添加どころか、家族への愛という添加物を加えることもできます (笑)

 

まだ間に合うので、ぜひ今年は自家製味噌づくりに挑戦してみてくださいね!

 

来年はグッドホームのオーナー様と一緒に味噌づくりができたらいいなぁと、心から願っております。

 

 

お味噌づくりに適した家ってどんなん?って思われた方
今週末はぜひ、グッドホームの家を見学してみてください

 

3/27まで 岐阜市尻毛 平屋完成見学会 → ご予約はこちらから 

岐南町下印食でも かわいいお家見れます!→ ご予約はこちらから

MENU